(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< 石油ストーブ。 | main | 064:百合から(4) >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 みく。さんのうた
泣きながら子宮とりだし指をさす「遅刻したのはこれの所為です」  みく。


こんなにも眠れないのは初めてと朝焼けのなかいつも思うの


立ち上がり方が分からないのなら、
立ち上がらなければいい。
そう言ってずっと座っていたひとのそばで、
何日、何時間、何分、何秒、
耐えられたんだっけ?

走り出した背中を、そんなにも見ないで。



みく。さんの歌です。
mixiをうろうろしていて一目惚れしたのです。

とりわけ朝焼けの歌が好き。
| 2006.12.30 Saturday | 短歌 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://replicaprince.jugem.jp/trackback/708