(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< ひまわりを抱くあなたが好きよ | main |
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 子宮内膜症の手術のこと。

先日、子宮内膜症による卵巣嚢腫と子宮筋腫の摘出手術のため入院していたのですが、無事に手術を終え、経過も順調で退院することができました。

もう少しだけ自宅でのんびりと療養して早く復活したいと思います。

なんていうか、爆笑するとお腹の傷が痛い! ので、穏やかな気持ちで術前からの備忘録を残しておきます。

何かのお役に立てれば幸いです。

 

2016年初め頃

なんだか月経が重い、子宮じゃなくて卵巣のあたりまで痛いことがあると気づき始める。

2005年(大学生の時)にも同じような症状で、子宮内膜症による卵巣嚢腫(卵巣チョコレート嚢胞)が見つかって腹腔鏡手術をしていたので、うすうす再発の可能性を疑い始める。

この頃、体調を崩すことが多く、貧血も指摘されていた。

(子宮内膜症は月経がある限り再発します。再発予防にはピルを内服するのですが、わたしは諸事情で中断していました)

 

2016年4月

月経痛を主訴に近くのレディースクリニックを受診。

術後から1年に1回くらいは診てもらっている先生が、超音波を膣内に挿入した瞬間に「あー」と言ったために、わたしも諦めの「あー」を感じる。

左卵巣の腫大(5-6cm)と子宮筋腫があるとのこと。

もう少し早く受診すべきだったかなと診察台の上でちょっと涙がにじむ。

手術のできる病院への紹介状を書いてもらい、通院開始。

 

2016年5月-6月

病院で各種検査を施行。

血液検査、卵管造影検査(笑うほど痛い)、MRIなど。

結果、女性ホルモンや卵管、子宮そのものは正常。

左の卵巣にはやはり嚢腫(子宮内膜症によるもの)があって、子宮筋腫が子宮の外側にできていて(漿膜下筋腫)、子宮と卵巣、直腸が癒着してお腹のなかで傾いている状態とのこと。仕方ないことだけど、以前の手術の影響で癒着は多め。(そりゃお腹痛いわ)

治療としては、ピルの内服(月経で悪化するので月経を止めてしまう)、手術という選択肢があるけど、今後の妊娠の希望がわたしにあったため、お腹のなかの環境を整える目的で腹腔鏡手術を選択。

この時点では、このままでは自然妊娠は難しいか、もし妊娠したとしてもかなり痛いだろう(色々癒着してるから)という状態。

入院時に休ませてもらおうと仕事を前倒しにつめて、仕事の合間に検査に通い、いつもより忙しく、お腹も痛いし結構つらい日々が続く。

 

2015年6月末

手術前日(入院日)

手術の同意書など書くものがたくさん。

それなりに知識はあったけど、手術説明で、場合によっては開腹手術に切り替える可能性や、腸を傷つけたら一時的な人工肛門を使う可能性などを聞かされるとちょっと戦く。(ほとんど起こりません。みんなに説明することです)

夕方、クエン酸マグネシウム50g(腸内に水を引き寄せる下剤。ポカリのような味。とにかく大量の下剤)を水に溶かして内服。その後、「お通じありましたか?」と看護師さんに何度も訊かれ「ないですー」と言っていたら、夜11時過ぎから朝8時過ぎまで1時間おきくらいにトイレに行く羽目になる。全然眠れない……!

 

手術当日術前

当日は絶食。飲水も決められた時間まで。

不眠のせいか何か悟ったような気分でお昼前に手術室へ。

歩けるので、手術台にも自分でよいしょと上がる。

麻酔科の先生に点滴を入れられて「ふわふわしますよー」と言われた瞬間に「ほんまやー」と眠る。

直前に額につけられた脳波計のスポンジがやたらチクチクしたことだけ覚えている。

 

術後

数時間後、自室のベッドの上で覚醒。

手術直後は激しい悪寒で震えていたけど、その後発熱して熱くなる。

酸素マスク、点滴、尿道カテーテル、フットポンプ(足の血栓を防止する機械)につながれていて、身動きが取れない。

家族やスタッフに話しかけられると答えられるけど、半分寝ている状態。

卵巣嚢腫も子宮筋腫もきれいに取れて、癒着もはがせた、臓器の損傷もなかったと先生に教えてもらって感謝する。

術後5時間で酸素マスクは外れて、ベッドに寝たままストローで飲水。このとき起き上がろうとして怒られる。

当日の夜は寝たり起きたり。1時間ごとに看護師さんに見回りをしてもらう。

スマホを枕元に置いてもらって、LINEやTwitterができる。

ただしお腹の傷が痛いし(痛み止めは頻回に使う)、吐き気があるし(わたしは吐き気止めの薬で副作用が出るからほとんど使ってない)、とにかくだるい。

この経験を短歌に詠めるだろうかとか思うも正直そんな余裕はなく、早く時間が経ってほしいと願うばかり。脳内でJuice=Juiceの曲をかけまくってやり過ごす。あと大森靖子ちゃんのシングル発売をTwitterで知って、寝ながらテンションが上がる。

 

術後一日目

朝からベッドの傾きを徐々に上げて座ることに挑戦。

朝ご飯に五分粥と柔らかいおかず。(2005年にはなかった!)

その後フットポンプを外してもらい、看護師さんの介助でベッドから降りて歩けることが確認されて、尿カテとさよなら。

少し座っていられた時間に体をふいてもらい、自分で顔をふいて化粧水や乳液をつけることもできる。(洗顔シートや汗ふきシートを持っていると便利です)

昼ご飯は七分粥、夕ご飯は全粥。寝たり起きたりだけど、夜には点滴も外れる。

お腹の傷(計4か所の5mm〜1cmの傷。カメラや管子を入れていた)の痛みと、気腹(手術の時にお腹に二酸化炭素を入れる)の影響での肩の痛みが強かった一日。

 

術後二日目

相変わらずお腹の傷と肩が痛い。熱もある。

ご飯は常食になったけど、昼くらいまで、食べるとお腹がひきつるように痛い。

でもシャワー許可が出て、髪も洗えてさっぱりする。

普段着が着られる。お腹を締め付けないワンピースを選択。

寝たり起きたりしていたけど、何人かお見舞いに来ていただけて座って話ができる。

見栄っ張りなので必死で室内の洗面台まで往復して、コンタクトを入れてツインテールにしたった自己満足。

 

術後三日目

やっぱりお腹が痛いけど、痛み止めの内服でカバー。

診察のために自室から診察室に歩いて向かう。病院が広すぎて徒歩5分。

車椅子も勧めてもらったものの、歩くと言い張って歩く。

傷が痛いために恐ろしくのろのろとしか歩けないけど歩く。

けど、歩けたので、今日でも明日でも退院OKと言ってもらえた。

術後経過は良好。左の卵巣は七割なくなってるけど、妊娠はまあなんとかなるとのこと。

ちょうど家族が来てくれていたので、そのまま退院。

片付けのために、持ち込んでいたノートパソコンを持って長距離を歩いていて注意される。

(腹筋に力を入れない方が賢明)

 

術後四日目以降

自宅でのんびり。痛み止めは徐々に減量できている。だるいので時々寝る。

外をるんるんと歩くことはできないけど、日にち薬で回復するのが実感できる。

術後2週間くらいで仕事に復帰予定。

 

以上です。

ほぼ自分のための備忘録ですが、子宮内膜症を気にしているひとやこれから手術を受けるひとなどの、何かの参考になれば幸いです。

 

あと、女性には婦人科受診を怠らないことを本当にお勧めします。

思春期〜青年期の子たちを相手にしている精神科医という仕事柄、日頃から婦人科に紹介することもよくあったのですが、自分のことはやや放りっぱなしだったと思います。

月経がある限り、気をつけていても、なる時はなるものですし、今回も早期発見がそんなに簡単にできるものではなかったと婦人科の先生から言われましたが、手術しなくていい場合もたくさんあります。

わたしもまた再発の可能性があるので、今後も気をつけようと思っています。

| 2016.07.04 Monday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://replicaprince.jugem.jp/trackback/1191