(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< 冬の結び目 | main | ぺんぎんぱんつ 三国志 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 「岡大短歌」創刊号。
不二家のペコちゃんのほっぺを食べてみたい。

それはさておき、「岡大短歌」創刊号を読みました。
創刊おめでとうございます。
ほんとに楽しみにしていました。

心惹かれた歌をTwitterでつぶやいたので、 残しておきます。



シマウマが等間隔に住み始めアパートはもう夜の顔だね
                上本彩加「街にいる」

ブラジャーがあまりに綺麗 守ること守らぬことをわたしは知らない
                上本彩加「風が吹く」

 <守ること守らぬこと>を知らないなんて本当はなく、
 <知らない>と言わざるを得ない状態か。
 なにかを守ること、守られることを知ってしまうと、
 すくんでしまう時が訪れる。
 <ブラジャー>のインパクトも味わう。

人間いたるところ青山ありわけいつてもわけいつても私の茂み
         森下理紗「Softly, as in a Morning Sunrise」

駅を出て金曜のひと 何もかも死ねばいいのに燃える残照
         森下理紗「Softly, as in a Morning Sunrise」

 <何もかも死ねばいいのに>の強さも気になるけれど、
 <金曜のひと>が印象的。連れて帰りたい。

白き道踏み荒らすごとくタブラ・ラサに刻む余生はひとりぶんだけ
                稲岡沙織「タブラ・ラサ」

ひかりよりのぞみは速い幾度のトンネルの先に目的がある
              駒井早貴「友人S、そしてケイ君」

 会いに行くシーン。速く、もっと速く。

望みを問う口の形の花たちに こっそり水をこぼしてみる朝
             高谷由貴「永遠、ではない」

倒してもいいですかと振り返るこの人もまた同じ服装
            安良田梨湖「なれる、なれない」



それから、安良田梨湖さんの一首評がよかったと思います。
山田航さんの歌を読んでいます。
<舌は記憶力がいいらしい。>という一文にしびれました。

それからそれから、歌会記も躍動感のある仕上がりです。
わたし(いつもながら喋る)、未来の中島裕介さん(いつもよりマイルド)が、
ゲストとしてお邪魔しております。
女子高生も参加してくれたのですが、活発な発言が続いた、
いい歌会だったと思います。

今後の発展を楽しみにしてます。

永田 和宏
岩波書店
コメント:今はこれを旅のお供に。

| 2013.04.29 Monday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://replicaprince.jugem.jp/trackback/1177