(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< ぺんぎんぱんつの紙。 | main | 「岡大短歌」創刊号。 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 冬の結び目

花冷え。
もうあたたかくなってきたからと思って、
冬服を全部片付けたのに、寒いこと、寒いこと。

まだ寒いうちに、冬の歌を残しておきます。



「うたつかい」2012年12月号より

冬の結び目       田丸まひる


心臓はとろとろと啼く ひとりっきりでもふたりでも愛しくて啼く


手袋をくたっくたっと脱ぎ捨てた指をしばらくかわして遊ぶ


そんな風にほどかないでよ 近づいてくる波音を聞いているから


あふれてもいいって言ってくれたのに肉体的なものが足りない


また耳を凍らせてきたあなたには花裏返すようなくちづけ




| 2013.03.28 Thursday | 短歌 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://replicaprince.jugem.jp/trackback/1176