(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< 窓、その他のこと。 | main | ぺんぎんぱんつの紙。 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 眠らない島のこと。
3月3日、岩尾淳子さんの歌集『眠らない島』(ながらみ書房)の批評会に参加してきました。

前日東京での内山さんの批評会にお邪魔して、
ほとんど眠らないまま大阪に向かいましたが、

鳥たちがようやく騒ぎ始めてもあなたはいつも眠らない島
                  岩尾淳子『眠らない島』


 という歌を読んでどきどきしていたせいかもしれません。

批評会では、口語短歌の可能性、岩尾さんの視点の置き方など、
パネリスト、会場の皆様が活発に話をされていて、ほんとうに勉強になりました。
懇親会での、岩尾さんのしあわせそうなお顔も、
スタッフ(わたしも少しお手伝いさせていただきました)のみんなの、
はじけるような笑顔も印象的でした。

さて、批評会の後では、わたしには気の利いたコメントなどできませんが、
好きな歌を少しあげさせてください。



ひばりありがとうほととぎすありがとう手をふりながら年老いてゆく
                         岩尾淳子『眠らない島』


 ひばりは春の鳥、ほととぎすは夏の鳥。
 めぐる季節への感謝をひとつずつ大切にしていけること。

ひどいことをしてきた春の夕暮れにわたしの名前が外で呼ばれる

白桃をひかりのように切り分けてゆくいもうとの昨日のすあし


ほのぐらい過去のひとつに灯をともすように訃報をもらうてのひら

陽のあたるながい廊下をゆくようにさみしさがきて抱擁終えぬ

 夕暮れ、ひかり。
 詠み込めばそれだけで短歌らしくなってしまう言葉を、
 岩尾さんは、決して軽くない口語の器に盛りつける。
 言葉に湿度があると思う。

 そして、「ひかり」のことを詠いながらも、
 ひかりによって生じるその陰まで感じているのだろうか。
 泣き笑いという言葉があるが、泣いてはいない。
 理性で抑制された感情。でもそれはあくまで、抑制されているだけだ。

ゆでたまごの殻がきれいにむけた朝 あたらしいかなしみはしずかだ

 個人的な話で恐縮だけど、ゆでたまごをつるつるにむきあげて、
 そのあとぼろぼろ泣いた覚えがある。
 ゆでたまごとかなしみがくっついてしまって、困っています。

 プライベートを感じさせる生な情報は排除されつつも、作者のリアルは感じる。
 そこにある発見や感情は、普遍的で、だからこそ、
 読者が自分のこととして読めて、動かされる。

 さて、わたしがいっとう好きだと思ったのは風の歌です。

前に立つあなたを吹いている風は記憶していくあなたの影を

届くとか届かないとかではなくて風のすがたになれるかどうか

 届くことを願うことから、解放されたいです。
| 2013.03.04 Monday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://replicaprince.jugem.jp/trackback/1173