(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< 今はただ。 | main | 前向き。 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 さらってほしい。

ざばっ。(挨拶

本が色褪せてしまうのが忍びないので、
本棚のガラス戸の内側にカバーをしているのだけど、
気がつかないうちに(たぶん母の仕業)
そこに福山雅治さんのポスターが貼られていた。
わたしの本の代わりに微笑みながら色褪せていく福山さん。
色褪せていく福山雅治も、格好良し。

と思いつつ、本棚の整理をしようと思って、断念する。

今年購入した本も、もう数えられない。
少なくとも、Amazonで確認できる履歴からすると、
今年いちばんに注文していたのは、笹井宏之第二歌集『てんとろり』だった。



山田詠美の『ジェントルマン』(講談社)にやられてしまった。

劇画的に美しく優しく描かれた青年の、
皮いちまい奥の背徳に魅入られる青年の話。
(説明とかしたくない)

一気に読んでしまい、その後座り込んだまま、動けなくなった。

やさしいこいびとなんかと一緒にいるときにはおすすめしません。



今年は「美男(イケメン)ですね」の公式ガイドブックも買った。
『涼宮ハルヒの驚愕』も『姉の結婚』も買った。

CNBLUEの来年発売の新曲も予約した。
ヨンファが好きだ。

ふりふりひらひらのスカートも買った。
リボンとレースたっぷりのカットソーも買った。



小島なおの歌集『乱反射』を原作にした映画を観た。
歌集を映画にするという発想が面白い。
(「TANNKA 短歌」はどうなんだろう)

小型カメラを持って、ひとりの女子高生の後ろを、
ゆっくりついていったような映画。
夏休み、幼なじみのお兄ちゃん、自転車、花火。
これでもかと並べられるノスタルジー。

主人公の桐谷美玲ちゃんが、瀧で手を合わせたときの鼻筋が美しい。

噴水に乱反射する光あり性愛をまだ知らないわたし  小島なお



そんなこんなで大晦日です。
今年もみなさまに大変お世話になりました。

小さなしあわせ、大きなしあわせ、
心よりお祈りします。

来年もよろしくお願いします。

でも冬の嵐が生まれそうになる体だけでもさらってほしい  田丸まひる

| 2011.12.31 Saturday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://replicaprince.jugem.jp/trackback/1151