(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< 夢見がちに。 | main | こいびとのシーツ。 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 あごが鳴る。
真夜中に呼び出されるのがほんとうにつらい季節です。

午前二時の空気は、朝の空気に比べて、
あごのあたりにぴりぴりと刺さります。

そんなこんなで寝不足です。
あごまで凝ってます。



ものすごく久しぶりに女性雑誌のnon・noを購入。
(実年齢よりは若い雑誌かもしれんが、
 モデルさんたちの方がお姉さんっぽい。足の長さのせい?)

だって、付録がイヤホンなんだぜ。
ハローキティ キラキラリボン イヤホン!

謎クオリティ。

そんなわたしはキキララ派です。
かつミッフィー派です。



昨夜はテレビでファミリーマートのスイーツ特集を見て、
その直後にファミマに直行。

美味しいランキング上位に入っていた、
ホイップクリームオニ盛プリン&いちごクリーム
宇治抹茶パフェ の二点を購入。

その時間、店内は同じ商品を買いに来たひとたちであふれていました。
同士たち・・・なんだかはずかしいのは、なぜ。

ルームウェアのままのカップル、
明らかに妻子に要求された雰囲気を醸し出しているお父さん。

まあ、報道に翻弄されまくってみるのも、また一興。

個人的には宇治抹茶パフェが一押しです。



以下告知。
わたしも予約しています


笹井宏之さんの第二歌集『てんとろり』(書肆侃侃房)、いよいよ刊行です!

第一歌集『ひとさらい』後の451首が収録されています。

 たてぶえのあたまをつよくひきぬいて木枯らしの子が恍惚となる

 風。そしてあなたがねむる数万の夜へわたしはシーツをかける

 国境のどうぶつたちを染めてゆく あれは夕日よね、夕日よね

多くの歌人たちとの交流の中から生まれた短歌が収められています。
お読みいただければ幸いです。

【初出】「かばん」「歌クテル」「笹公人の短歌Blog」「題詠ブログ」「ゆうなぎ手帖」「未来」「新彗星」「風通し」「世界がやさしくあるためのメモ」「短歌」「歌壇」「佐賀新聞」
笹井 宏之
書肆侃侃房
¥ 1,365
(2011-01-24)
コメント:はやくとどいておくれ。

| 2011.01.23 Sunday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://replicaprince.jugem.jp/trackback/1143