(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
<< けれどまだ。 | main | あの肩に。 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 002:一日から
夏野菜ばかりを食べた一日が呪いのように僕を眠らす  日高裕生

あなたのかわりにさびしくなることはできない
けれどそのさびしさの味はよく知っている、よ



題詠blog2009より。
| 2009.03.21 Saturday | 短歌誘拐 | comments(2) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
Comment
はじめまして、日高裕生と言います。
選歌していただいてありがとうございます。
題詠blogで見る田丸さんの作品がずっと好きだったので、選んでもらえたことをとても光栄に思っています。
完走するやる気をいただきました。これからもよろしくお願いします。
まひる
遊びに来てくださってありがとうございます。
言葉選びに拍手したくなるようなお歌がありました。
また読ませていただきますね。

こちらこそ、よろしくお願いします。









url: トラックバック機能は終了しました。