(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 032:ルージュ(田丸まひる)
もう誰のくれたルージュか分からないつもりでもまだ苦い桃色
| 2008.08.31 Sunday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 031:忍(田丸まひる)
ポケットに忍ばせる鍵これからはもっとわたしを強がらせてね
| 2008.07.04 Friday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 030:湯気(田丸まひる)
こいびとにならないひとのこいびとが待つ夕食の湯気 帰ろうよ
| 2008.06.29 Sunday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 029:杖(田丸まひる)
抱きしめてくれてもいいよ頬杖が似合うとほめてくれてもいいよ
| 2008.06.22 Sunday | 題詠blog2008 | comments(4) | trackbacks(0) |
 028:供(田丸まひる)
うつくしくない供述をくりかえす口にうつしてやる薄荷飴
| 2008.06.21 Saturday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 027:消毒(田丸まひる)
これは消毒、これは消毒まなじりをなぶってしまう舌をゆるして
| 2008.06.15 Sunday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 026:基(田丸まひる)
1ミリも傷つかないって誓うからわたしの基盤にふれてください
| 2008.06.13 Friday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 025:あられ(田丸まひる)
くもりのちあられあめゆき困ります困っていないひとのゆびさき
| 2008.06.01 Sunday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 024:岸(田丸まひる)
そんな目をするからでしょう よくばりのふたり着岸する場所がない
| 2008.05.24 Saturday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
 023:用紙(田丸まひる)
五月雨にみだれてしまう画用紙の水彩の海 思い出なんか
| 2008.05.18 Sunday | 題詠blog2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>