(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 031:雪
怒りがいのなさも何度もなじられて雪もじんじんにじむ頬骨
| 2008.02.29 Friday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 030:いたずら(田丸まひる)
ちはやぶる神様よりも美しいもっと本気の、いたずらしてよ
| 2007.11.23 Friday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 029:国(田丸まひる)
お友達ごっこの国にとらわれた笑顔で誰をえぐってきたの

| 2007.11.18 Sunday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 028:カーテン(田丸まひる)
カーテンを揺らす月光こいびとは冷たい床に打ち上げられて

| 2007.11.16 Friday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 027:給(田丸まひる)
あしたこそ死んでやる って決意してガストに補給しに行くいのち

| 2007.11.14 Wednesday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 026:地図(田丸まひる)
でたらめにめくる地図帳 毛布からのぞく裸の膝撫でながら

| 2007.11.12 Monday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 025:化(田丸まひる)
孵化してはいけない夢の心音に重ねてしまうわたしのリズム

| 2007.11.11 Sunday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 024:バランス(田丸まひる)
バランスのとれた食事のデザートのように戴く硬いくるぶし
| 2007.11.08 Thursday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 023:誰(田丸まひる)
まだ誰の指も知らない薔薇色の傷をあなたに見せてあげたい
| 2007.11.04 Sunday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
 022:記号(田丸まひる)
あの歌は思い出さなきゃ 夕闇にト音記号を描き続ける
| 2007.06.24 Sunday | 題詠100首blog2007 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>