(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 「岡大短歌」創刊号。
不二家のペコちゃんのほっぺを食べてみたい。

それはさておき、「岡大短歌」創刊号を読みました。
創刊おめでとうございます。
ほんとに楽しみにしていました。

心惹かれた歌をTwitterでつぶやいたので、 残しておきます。



シマウマが等間隔に住み始めアパートはもう夜の顔だね
                上本彩加「街にいる」

ブラジャーがあまりに綺麗 守ること守らぬことをわたしは知らない
                上本彩加「風が吹く」

 <守ること守らぬこと>を知らないなんて本当はなく、
 <知らない>と言わざるを得ない状態か。
 なにかを守ること、守られることを知ってしまうと、
 すくんでしまう時が訪れる。
 <ブラジャー>のインパクトも味わう。

人間いたるところ青山ありわけいつてもわけいつても私の茂み
         森下理紗「Softly, as in a Morning Sunrise」

駅を出て金曜のひと 何もかも死ねばいいのに燃える残照
         森下理紗「Softly, as in a Morning Sunrise」

 <何もかも死ねばいいのに>の強さも気になるけれど、
 <金曜のひと>が印象的。連れて帰りたい。

白き道踏み荒らすごとくタブラ・ラサに刻む余生はひとりぶんだけ
                稲岡沙織「タブラ・ラサ」

ひかりよりのぞみは速い幾度のトンネルの先に目的がある
              駒井早貴「友人S、そしてケイ君」

 会いに行くシーン。速く、もっと速く。

望みを問う口の形の花たちに こっそり水をこぼしてみる朝
             高谷由貴「永遠、ではない」

倒してもいいですかと振り返るこの人もまた同じ服装
            安良田梨湖「なれる、なれない」



それから、安良田梨湖さんの一首評がよかったと思います。
山田航さんの歌を読んでいます。
<舌は記憶力がいいらしい。>という一文にしびれました。

それからそれから、歌会記も躍動感のある仕上がりです。
わたし(いつもながら喋る)、未来の中島裕介さん(いつもよりマイルド)が、
ゲストとしてお邪魔しております。
女子高生も参加してくれたのですが、活発な発言が続いた、
いい歌会だったと思います。

今後の発展を楽しみにしてます。

永田 和宏
岩波書店
コメント:今はこれを旅のお供に。

| 2013.04.29 Monday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 眠らない島のこと。
3月3日、岩尾淳子さんの歌集『眠らない島』(ながらみ書房)の批評会に参加してきました。

前日東京での内山さんの批評会にお邪魔して、
ほとんど眠らないまま大阪に向かいましたが、

鳥たちがようやく騒ぎ始めてもあなたはいつも眠らない島
                  岩尾淳子『眠らない島』


 という歌を読んでどきどきしていたせいかもしれません。

批評会では、口語短歌の可能性、岩尾さんの視点の置き方など、
パネリスト、会場の皆様が活発に話をされていて、ほんとうに勉強になりました。
懇親会での、岩尾さんのしあわせそうなお顔も、
スタッフ(わたしも少しお手伝いさせていただきました)のみんなの、
はじけるような笑顔も印象的でした。

さて、批評会の後では、わたしには気の利いたコメントなどできませんが、
好きな歌を少しあげさせてください。



ひばりありがとうほととぎすありがとう手をふりながら年老いてゆく
                         岩尾淳子『眠らない島』


 ひばりは春の鳥、ほととぎすは夏の鳥。
 めぐる季節への感謝をひとつずつ大切にしていけること。

ひどいことをしてきた春の夕暮れにわたしの名前が外で呼ばれる

白桃をひかりのように切り分けてゆくいもうとの昨日のすあし


ほのぐらい過去のひとつに灯をともすように訃報をもらうてのひら

陽のあたるながい廊下をゆくようにさみしさがきて抱擁終えぬ

 夕暮れ、ひかり。
 詠み込めばそれだけで短歌らしくなってしまう言葉を、
 岩尾さんは、決して軽くない口語の器に盛りつける。
 言葉に湿度があると思う。

 そして、「ひかり」のことを詠いながらも、
 ひかりによって生じるその陰まで感じているのだろうか。
 泣き笑いという言葉があるが、泣いてはいない。
 理性で抑制された感情。でもそれはあくまで、抑制されているだけだ。

ゆでたまごの殻がきれいにむけた朝 あたらしいかなしみはしずかだ

 個人的な話で恐縮だけど、ゆでたまごをつるつるにむきあげて、
 そのあとぼろぼろ泣いた覚えがある。
 ゆでたまごとかなしみがくっついてしまって、困っています。

 プライベートを感じさせる生な情報は排除されつつも、作者のリアルは感じる。
 そこにある発見や感情は、普遍的で、だからこそ、
 読者が自分のこととして読めて、動かされる。

 さて、わたしがいっとう好きだと思ったのは風の歌です。

前に立つあなたを吹いている風は記憶していくあなたの影を

届くとか届かないとかではなくて風のすがたになれるかどうか

 届くことを願うことから、解放されたいです。
| 2013.03.04 Monday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 窓、その他のこと。

3月2日、内山晶太さんの歌集『窓、その他』(六花書林)の批評会にお邪魔してきました。
大勢の方が集まり、内山さんへの愛が感じられる批評会でした。

あらためまして、内山さん、おめでとうございます。
また、スタッフの皆様、お世話になりました。
ほんとうに楽しかったです。

さて、批評会前にTwitterで、好きな歌を紹介させていただいていましたので、
少しまとめておきます。



さみしさも寒さも指にあつまれば菊をほぐして椿をほぐす
                  内山晶太『窓、その他』

冬のひかりに覆われてゆく陸橋よだれかのてのひらへ帰りたし

花摘みて花に溺るるたのしさをきょう生前の日記にしるす

 「花に溺るる」「生前の日記」という言葉にときめく。
 「たのしさをきょう」をひらがな書きにしたことで生まれる視覚のリズムもいい。

わたくしに千の快楽を 木々に眼を マッチ売りにはもっとマッチを

 この歌が今はいちばん好きだと思う。
 「千の快楽を」とおおらかに官能的に始まりながら、
 「マッチ売りにはもっとマッチを」に落とし込まれる感情に、泣きそうになる。

ライターの炎ふたつを重ねおり抱かぬままに人と別れて

 あたたかくも寂しい光景と思わせて、実際はライターをふたつ出している様子は怖い。
 穏やかに見せかけて、「抱かぬまま」の人に対する思いが暗さもはらんでいる。

スプーンの銀の花模様まぶしさに押し切られ特にゆくところなし

咳すれば肺に銀貨の散るここちせりけりすればするほど貯まる

 「肺に銀貨」という表現にやられたのだけど、よく考えれば、なんて枯れた咳をするのだろう。

にんげんのプーさんとなる日はちかく火の近く手を伸べてぼんやり

 やっぱり枯れている……。「ちかく」「近く」のリフレインが心地いい。

ひよこ鑑定士という選択肢ひらめきて夜の国道を考えあるく

 「ひよこ鑑定士」がこのまま連作になればいいのにと、そこにばかり注目しそうになるけど、
 「考えあるく」の落とし込み方が好きだって気づいた。

なつかしさというほかになし眉間よりいくつかの波紋ひらくゆうべを

高みへと吹き上げらるるはなびらへ手を振りながらなお生は冷ゆ

 この「はなびら」がどういう状況で吹き上げられているのかよくは分からない。
 風に? お祝いの席?
 何にせよ、視覚的に美しい状況と、能動的に手を振る姿、
 「なお生は冷ゆ」の冷静さに息をのむ。

死ののちのお花畑をほんのりと思いき社員食堂の昼

 「お花畑」「ほんのりと」と思わずつっこんでしまいそうになる可愛い言葉を、
 「死」と「社員食堂の昼」でサンドイッチ。こわかわいい。

壊れそう でも壊れないいちまいの光のようなものを私に

 「いちまいの光」いいなあ。
 でも、わたしが好きなのは、ここで「あなたに」とかじゃなくて、「私に」と持ってきているところです。
 「わたくしに千の快楽を」の歌もだけど、私にわたくしにとばんばん出してきているの好き。
 それでいて自分だけ見ているのではないとこ。

批評会で、司会の田中槐さんが最後に取り上げた歌を、わたしも最後にあげておきます。

どうであれ陳腐を恋えりあたたかくかさねるための手がここにある

「陳腐」を愛おしく思えることがどれだけ大切か。
好きだな。

| 2013.03.04 Monday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「はならび」3号を開いてから閉じるまで。

生クリームのことをことを考えると切なくなるくらいには寒い夜です。

早稲田短歌会の同人誌「はならび」3号を読みました。
以下、ずんときた歌を少しずつ。
Twitterで流させてもらったものと同じです。




開栓のときに力を入れすぎて瓶に入ってしまう彗星
          新上達也「遠すぎて見えない」

 力を入れすぎたら彗星が。
 何故と訝しみながらも、鮮やかさに惹かれて、この歌に続く世界を見たいと思った。

高いところにある電球も金平糖もあんまり食べると体に悪い
             沖野樹里「Wonder-Radio」

そこに火が揺れているからさみしくて中央分離帯の雪どけ
              狩野悠佳子「一滴の逢瀬」

現場監督がカナリア この街で最先端のスカートめくり
             狩野悠佳子「一滴の逢瀬」


 リズムとしては、「カナリア」まで一気に口にしたい。真顔で。

火曜日に彼女に会うので火曜日を結んだ線で輪郭を描く
            佐久間慧「コンパクト・カルチャー」

 「火曜日を結んだ線」とは何やろか。カレンダーの火曜日の部分を結んでいく線?
 線だけが目の前に現れて揺れているように見える。

一駅分歩いて後ろを振り返る 一駅分の道が続いてる
           佐久間慧「コンパクト・カルチャー」

 上句、下句ともに字余りのところでスピード感のあるリズム。

待つたびに快速が来る そのどれを選んでもかならず海に着く
              新上達也「遠すぎて見えない」

 不思議な表現。<待つたびに>ってどういうんやろ。
 <海に着く>の落とし方も面白い。

こんなにも落ち着くのであれば椅子とは何か 僕のためにも
                 平英之「学びの草っ原」

 <椅子とは何か>に持ち込むまでの不自然にも思えるほどかたい言葉遣いと、
 <僕のためにも>にちらりと覗く作中主体の表情の差を思う。

ニューデリー特派員の妻は待つ夕刊の続きとして朝刊を
             中川治輝「われは消費者」

お気に入りの赤いヒールを履いている後姿のきれいな犬よ
                久石ソナ「野に放つ」

お布団を蹴飛ばしたりして毎晩のように悪い子になりたいのかい?
                久石ソナ「野に放つ」

ラジオから伯父に良く似た声がして合意の上でしたのだと泣く
                 ほとり「合意の上で」

 不思議な設定。声だけなのに、伯父のイメージがぐんと浮かび上がって、
 しかも何を謝っているのか分からず、作中主体の感情も見えてこずに、こわい。

おにぎりをいますぐ買ってきてほしい三角定規でも構わない
                 ほとり「合意の上で」

エスカレーターを昇つてやつて来る人は後ろの人を味方につけて
               山階基「切符を失くして」

 目の付けどころが面白い。エスカレーターにぞろぞろと並んで昇ってくる人々。
 ものすごく、先頭にいたい。

これで済む世界にとてもありがたう切符を失くして二回払つた
                山階基「切符を失くして」





Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(D)
コメント:遠い、近い。

| 2013.02.05 Tuesday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「うたつかい」2012年12月号より。
あけましておめでとうございます。

あなたもあなたもあなたもしあわせな一年でありますように。
わたしも少しばかりはしあわせな一年でありますように。



短歌なzine「うたつかい」2012年12月号を読んで、
気になった歌をまとめました。
Twitterでつぶやいたものの再掲載です。

「うたつかい」については、以下を参照してください。
1冊100円で購入できます。
http://www.utatsukai.com/


ひだまりのようなあなたへ咲きたがる耳をやさしくこわしてほしい
                    杜崎アオ「まじわらない海」

 
耳のかたちは花のかたち。甘いけど、身動きが取れない感じがいい。

寄り道をゆるしてあげるカーテンのこちらがわにはさかなのねむり
                    杜崎アオ「まじわらない海」

 帰りを待つ作中主体だろうか。かな遣いの柔らかさが魅力的。

カーテンをくぐってやわらかくなった風 図書館が深海のよう
        田中ましろ「叙情のためのエチュード機僻歓菷如法

 
これは詩客で出されたときから覚えています。
 <風 図書館が>のリズムの跳躍が好きです。

掌で夜毎に育ちゆく森をあなたのために温めている
           飯田彩乃 テーマ詠「贈り物

 
上句の描写がくらく美しい。



せっかくなので、自分の歌も少し。

そんな風にほどかないでよ 近づいてくる波音を聞いているから
                   田丸まひる「冬の結び目」

また耳を凍らせてきたあなたには花裏返すようなくちづけ
                  田丸まひる「冬の結び目」

aiko
ポニーキャニオン
コメント:「ずっと」がリフレインしている。

| 2013.01.04 Friday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 同人誌「率」を読んで。
わたしがほしいのは、豆大福なのです。(挨拶)

今月はじめから短歌同人誌「率」2号を読み、
Twitterでつぶやいたものをまとめました。




黙すことながきゆふさり息とめて李の淡き谷に歯を立つ
                      小原奈実「贄」

撃ちころしてくださいわたし身体中ひかりに塗れとてもしあわせ
                    馬場めぐみ「撃ちころして」

鉄橋を過ぎてゆきつつ大きなる窓は光の痙攣を見す
                   内山晶太「蝉と季節」


 「光の痙攣」にときめく。過ぎ去っていくもの。

右耳に近き窓より鈴虫のこゑ痙攣のごとく触れくる
                     小原奈実「贄」


 「痙攣」といえば、この歌も。
 断続的でふるえるような声が、聞こえるのではなく、「触れくる」。
 皮膚がざわっとする。

うしろむきに歩いて花粉を回避する適当な世界の適当なわたし
              藪内亮輔「適当な世界の適当なわたし」

なんとなく嫌ひだよつて人ばかりあつめて紫陽花にしてしまひたい
              藪内亮輔「適当な世界の適当なわたし


 とてつもなく嫌いな人ではなく、なんとなく嫌いな人ってやっかい。

わたしを信じていて ゆめをみて 絶望を斡旋するのがわたしのよろこび
                          瀬戸夏子「二上」


 「斡旋」にぐっとくる。提供とかプレゼントとかではないのよ。

さめるからゆめでありゆめであるからさめる ありがとう、洗って返すね
                      川島信敬「サンデー」


 句跨りと字余りを合わせた息苦しい感じ。
 息苦しいのに、妙にさばさばしている。

速度計の針はふるえて絶対にほんとうに泣くか幾度も聞いた
                         平岡直子「装飾品」 


 「絶対にほんとうに」「幾度も」という強い言葉を並べたてての確認。
 「ふるえて」との対比が面白い。

バス停でひととき虫に懐かれてどうせ誰にでも降る雨だった
                     平岡直子「装飾品」

 「どうせ」がいいなあ。

紅つばき揺れてあなたに伝わればいいなくらいでレーザービーム
                松永洋平「世界はそんなに素晴らしくない」

 最後の唐突さ。インパクトが強く、今回の「率」の歌でいちばん最初に覚えた。

掃除機でパンダを倒す夢を見て身近な人がパンダに見える
               松永洋平「世界はそんなに素晴らしくない」


 イメージが魅力的すぎてたまらん。映像化したい。
 いや、パンダ可哀想やけど。

アフリカの骨になるって背を伸ばしあなたは白いブラウスを着る
              松永洋平「世界はそんなに素晴らしくない」


 骨、背、白いブラウスとたたみかけられるセクシャルなイメージ。
 「着る」という動作で、着ていなかった時のことまで想起する。

体罰のごときあめゆき何処ゆきのバスとも知らず乗りこみにけり
                   吉田隼人「砂糖と亡霊」

ゆれてやまぬ心臓(クウル)めがけて確実にづどん、とやつて呉れぬか翡翠
                      吉田隼人「砂糖と亡霊」

 いざというときのための翡翠がほしい。

薬壜洗ひ干されてゐたりけりまるでからだのないひとのやう
                       吉田隼人「砂糖と亡霊」


 中身のない薬壜を「からだのないひと」と例える。臓器のないひとではなく。
 ふしぎで忘れられなかった。

外国の小鳥のようにゆっくりとゆっくりとその果実はみのる
      吉田竜宇「人がいなくても血が流れることがあります。」


 「ゆっくりと」のリフレインで生まれるリズム。

踏まずには行けない花の花束の花畑まるで地雷のような
       吉田竜宇「人がいなくても血が流れることがあります。」
| 2012.12.16 Sunday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 012:達から
幸運を手放したくていつも雨を連れ歩いてる友達と逢う  花夢

かなしいふりをするのはやめた。
かわいそうなふりをするのはやめた。
そうしたら、どんな顔をすればいいのか、
わからなくなりました。



題詠blog2009より。
| 2009.04.13 Monday | 短歌誘拐 | comments(2) | trackbacks(0) |
 008:飾から
蜜を吸う生き物死ねばしばらくは髪飾りとして風にふるえる  我妻俊樹

触れられるものなら触れてごらんと、
あなたがのばしていた手を、
どうやってつかんでいいのかわからなかった。



題詠blog2009より。
| 2009.04.03 Friday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 007:ランチから
良妻の振りにも飽きて八階の窓から投げるランチボックス  ひぐらしひなつ

ほしかったのは、そんな金の鎖じゃない。
ほしかったのは、そんな甘い言葉じゃない。

もうあなたの熱を忘れてしまいそうです。



題詠blog2009より。
| 2009.04.02 Thursday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
 004:ひだまりから
来るものを拒もうどんなわがままも許してくれそうなひだまりで  こはく

ほしいものなんて、決まっている。
なにがほしいかだなんて、
あなたには聞かれたくない。



題詠blog2009より。
| 2009.04.01 Wednesday | 短歌誘拐 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>