(JUGEMレビュー »)

第二歌集です。
生き延びたいひとに読んでほしい。
Amazon
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.04 Monday | - | - | - |
 子宮内膜症の手術のこと。

先日、子宮内膜症による卵巣嚢腫と子宮筋腫の摘出手術のため入院していたのですが、無事に手術を終え、経過も順調で退院することができました。

もう少しだけ自宅でのんびりと療養して早く復活したいと思います。

なんていうか、爆笑するとお腹の傷が痛い! ので、穏やかな気持ちで術前からの備忘録を残しておきます。

何かのお役に立てれば幸いです。

 

2016年初め頃

なんだか月経が重い、子宮じゃなくて卵巣のあたりまで痛いことがあると気づき始める。

2005年(大学生の時)にも同じような症状で、子宮内膜症による卵巣嚢腫(卵巣チョコレート嚢胞)が見つかって腹腔鏡手術をしていたので、うすうす再発の可能性を疑い始める。

この頃、体調を崩すことが多く、貧血も指摘されていた。

(子宮内膜症は月経がある限り再発します。再発予防にはピルを内服するのですが、わたしは諸事情で中断していました)

 

2016年4月

月経痛を主訴に近くのレディースクリニックを受診。

術後から1年に1回くらいは診てもらっている先生が、超音波を膣内に挿入した瞬間に「あー」と言ったために、わたしも諦めの「あー」を感じる。

左卵巣の腫大(5-6cm)と子宮筋腫があるとのこと。

もう少し早く受診すべきだったかなと診察台の上でちょっと涙がにじむ。

手術のできる病院への紹介状を書いてもらい、通院開始。

 

2016年5月-6月

病院で各種検査を施行。

血液検査、卵管造影検査(笑うほど痛い)、MRIなど。

結果、女性ホルモンや卵管、子宮そのものは正常。

左の卵巣にはやはり嚢腫(子宮内膜症によるもの)があって、子宮筋腫が子宮の外側にできていて(漿膜下筋腫)、子宮と卵巣、直腸が癒着してお腹のなかで傾いている状態とのこと。仕方ないことだけど、以前の手術の影響で癒着は多め。(そりゃお腹痛いわ)

治療としては、ピルの内服(月経で悪化するので月経を止めてしまう)、手術という選択肢があるけど、今後の妊娠の希望がわたしにあったため、お腹のなかの環境を整える目的で腹腔鏡手術を選択。

この時点では、このままでは自然妊娠は難しいか、もし妊娠したとしてもかなり痛いだろう(色々癒着してるから)という状態。

入院時に休ませてもらおうと仕事を前倒しにつめて、仕事の合間に検査に通い、いつもより忙しく、お腹も痛いし結構つらい日々が続く。

 

2015年6月末

手術前日(入院日)

手術の同意書など書くものがたくさん。

それなりに知識はあったけど、手術説明で、場合によっては開腹手術に切り替える可能性や、腸を傷つけたら一時的な人工肛門を使う可能性などを聞かされるとちょっと戦く。(ほとんど起こりません。みんなに説明することです)

夕方、クエン酸マグネシウム50g(腸内に水を引き寄せる下剤。ポカリのような味。とにかく大量の下剤)を水に溶かして内服。その後、「お通じありましたか?」と看護師さんに何度も訊かれ「ないですー」と言っていたら、夜11時過ぎから朝8時過ぎまで1時間おきくらいにトイレに行く羽目になる。全然眠れない……!

 

手術当日術前

当日は絶食。飲水も決められた時間まで。

不眠のせいか何か悟ったような気分でお昼前に手術室へ。

歩けるので、手術台にも自分でよいしょと上がる。

麻酔科の先生に点滴を入れられて「ふわふわしますよー」と言われた瞬間に「ほんまやー」と眠る。

直前に額につけられた脳波計のスポンジがやたらチクチクしたことだけ覚えている。

 

術後

数時間後、自室のベッドの上で覚醒。

手術直後は激しい悪寒で震えていたけど、その後発熱して熱くなる。

酸素マスク、点滴、尿道カテーテル、フットポンプ(足の血栓を防止する機械)につながれていて、身動きが取れない。

家族やスタッフに話しかけられると答えられるけど、半分寝ている状態。

卵巣嚢腫も子宮筋腫もきれいに取れて、癒着もはがせた、臓器の損傷もなかったと先生に教えてもらって感謝する。

術後5時間で酸素マスクは外れて、ベッドに寝たままストローで飲水。このとき起き上がろうとして怒られる。

当日の夜は寝たり起きたり。1時間ごとに看護師さんに見回りをしてもらう。

スマホを枕元に置いてもらって、LINEやTwitterができる。

ただしお腹の傷が痛いし(痛み止めは頻回に使う)、吐き気があるし(わたしは吐き気止めの薬で副作用が出るからほとんど使ってない)、とにかくだるい。

この経験を短歌に詠めるだろうかとか思うも正直そんな余裕はなく、早く時間が経ってほしいと願うばかり。脳内でJuice=Juiceの曲をかけまくってやり過ごす。あと大森靖子ちゃんのシングル発売をTwitterで知って、寝ながらテンションが上がる。

 

術後一日目

朝からベッドの傾きを徐々に上げて座ることに挑戦。

朝ご飯に五分粥と柔らかいおかず。(2005年にはなかった!)

その後フットポンプを外してもらい、看護師さんの介助でベッドから降りて歩けることが確認されて、尿カテとさよなら。

少し座っていられた時間に体をふいてもらい、自分で顔をふいて化粧水や乳液をつけることもできる。(洗顔シートや汗ふきシートを持っていると便利です)

昼ご飯は七分粥、夕ご飯は全粥。寝たり起きたりだけど、夜には点滴も外れる。

お腹の傷(計4か所の5mm〜1cmの傷。カメラや管子を入れていた)の痛みと、気腹(手術の時にお腹に二酸化炭素を入れる)の影響での肩の痛みが強かった一日。

 

術後二日目

相変わらずお腹の傷と肩が痛い。熱もある。

ご飯は常食になったけど、昼くらいまで、食べるとお腹がひきつるように痛い。

でもシャワー許可が出て、髪も洗えてさっぱりする。

普段着が着られる。お腹を締め付けないワンピースを選択。

寝たり起きたりしていたけど、何人かお見舞いに来ていただけて座って話ができる。

見栄っ張りなので必死で室内の洗面台まで往復して、コンタクトを入れてツインテールにしたった自己満足。

 

術後三日目

やっぱりお腹が痛いけど、痛み止めの内服でカバー。

診察のために自室から診察室に歩いて向かう。病院が広すぎて徒歩5分。

車椅子も勧めてもらったものの、歩くと言い張って歩く。

傷が痛いために恐ろしくのろのろとしか歩けないけど歩く。

けど、歩けたので、今日でも明日でも退院OKと言ってもらえた。

術後経過は良好。左の卵巣は七割なくなってるけど、妊娠はまあなんとかなるとのこと。

ちょうど家族が来てくれていたので、そのまま退院。

片付けのために、持ち込んでいたノートパソコンを持って長距離を歩いていて注意される。

(腹筋に力を入れない方が賢明)

 

術後四日目以降

自宅でのんびり。痛み止めは徐々に減量できている。だるいので時々寝る。

外をるんるんと歩くことはできないけど、日にち薬で回復するのが実感できる。

術後2週間くらいで仕事に復帰予定。

 

以上です。

ほぼ自分のための備忘録ですが、子宮内膜症を気にしているひとやこれから手術を受けるひとなどの、何かの参考になれば幸いです。

 

あと、女性には婦人科受診を怠らないことを本当にお勧めします。

思春期〜青年期の子たちを相手にしている精神科医という仕事柄、日頃から婦人科に紹介することもよくあったのですが、自分のことはやや放りっぱなしだったと思います。

月経がある限り、気をつけていても、なる時はなるものですし、今回も早期発見がそんなに簡単にできるものではなかったと婦人科の先生から言われましたが、手術しなくていい場合もたくさんあります。

わたしもまた再発の可能性があるので、今後も気をつけようと思っています。

| 2016.07.04 Monday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 岡山ブンゲイリーディング

2015年7月18日(土)は岡山ブンゲイリーディングという朗読イベントに参加してきました。

岡山ブンゲイリーディング
2015年7月18日
岡山市KAMPにて
入場料 1000円(ワンドリンク付き)
会場出入り自由

地方でもイベントを!と塔の大木はちさん(四国キャラバン歌会主催)が開いてくださいました。
詳しくはこちら。
オープンマイクもあって、盛況の一日でした。
ただ聴きにくるだけの方がいたり、通りがかって客席に座ってくださった方がいたり。
参加者もまた、ただ自分の番に出演することだけではなく、 このイベントをみんなで盛り上げよう!
という気持ちが感じられた一日でした。

詳細は色々書きたいのですが……動画撮っておけばよかったね。

わたしは、オープニングのソロでは「ウルトラ」16号掲載のタケイ・リエさんの詩とわたしの短歌、
未発表詩・短歌の朗読を、大トリの濱松哲朗さんとのコラボでは短歌と音楽と手紙のコラボレーションをやりました。
基本的に暗唱で進めたのですが、詩や歌が体になじんでいくのが楽しかったです。
色々なお声掛けをいただき、ありがとうございました。

しんくわが土岐友浩さんの第一歌集『Bootleg』(新鋭短歌シリーズ)を読んだの、よかったな。
詩人の黒崎立体さんが、詩になろうとしているかのようにしっかり立っていたのも印象的でした。
あと、オープンマイクの月々紛さんがお客さんを巻き込んで踊りだしそうなのが面白すぎて……
よい一日でした。

以下は、未来短歌会の唐津いづみさんがmixiに書かれた日記を、
許可を得て転載させていただきました。
よきかなよきかな。



さて、商店街からひょい、と路地に入ると、会場のゲストハウス。
こんなとこあるんだなあ。
この中だけ日本じゃないみたい。すっごくいいロケーション。
道の前を通るひとが、中をみながら ぬけてゆくのがたのしい。

歌会じゃないのに、歌人のみなさんとランデブー。
歌会がすでに日常と化しているので これは、まさに、非日常。
半空組の方々ともごあいさつ。応援だけにこられている方もいらっしゃる。

田丸まひるさんはオープニングとクロージングアクトの両方をつとめる。
彼女はとても努力の人で、それを感じさせないところがすごいと思う。
激務のなか、毎日練習されていたという。それに見合う充実した内容がすばらしい。

今回いろいろなスタイルの朗読を拝見していて、思ったのが、
女優タイプと巫女タイプがあって。
田丸さんは女優タイプ。黒崎立体さんは巫女タイプ。かと。

女優タイプは「○○を読んでいる田丸まひる」という感慨をオーディエンスに与える。
演者は消えていない。
それを演じている確固としたアイデンティティとなって存在している。

巫女タイプは「○○という作品を伝えている黒崎立体」という感慨をオーディエンスは浴びる。
演者のアイデンティティは消えている。
ただ、そこには、作品と一体となった憑代として発声者がある。

久野はすみさんとチェリストとの共演は、さらに演劇的なもので。
わたしは、涙ぐんでしまう。
よい意味で、二階堂のCMみたいだなあ、と思った。
ノスタルジアを1分前後で表現してみろ、と定義されたら、あのCMは
すでに最大公約数的な表現だと思う。
それを彷彿とさせてしまうということは、この表現方法の需要は高いのだ。

オーディエンスが予想できないけれど、観たときに、
「ああ、これだったんだ」と無意識に思ってしまえるような。
遠いところにおいてきた喪失感の表現というか。

それを見たいとおもうひとが多い表現のできる表現者として、
久野さんの強みって、そこが大きいと思う。
そんなことを、あらためて、気づいたり。

さて。
数回脳内で読んだだけのわたしは、惨憺たるもので・・・。
練習、大事だ・・・。
アットホームな場であったからこそ、できた無謀であった。

田丸さんが撮ってくださった写真を記念にのこしておこう(笑)

打ち上げでは、塔の濱松さんの乙女力の高さに高感度右肩上がり。
なんと、わが大辻欄に入ってくださる若い方にもお会いできてしまった。
よきかなよきかな。

若い方が歌の世界を求める純粋さに、かなりこころが軽くなりました。

みなさん、ありがとうございました。



本当にありがとうございました!

大谷真紀子さんに撮っていただきました。↓

大谷真紀子さん撮影


 
| 2015.07.25 Saturday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 大阪短歌チョップ
7月19日(土)は、大阪でお目にかかりましょう。

大阪短歌チョップ

田丸まひるも遊びに行きます。
吉岡太朗さんとともに「短歌の相談室」にいます。
フリーペーパーも、持っていくよ。
| 2014.07.05 Saturday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ぺんぎんぱんつ 三国志
しんくわ×田丸まひるの短歌ユニット「ぺんぎんぱんつ」の、
 3枚目のフリーペーパーが完成しました。 

今回は、ゲストとして、 
岡山大学短歌会出身の森下理紗さん 
未来短歌会の金尾釘男さんをお呼びしています。 

もう素直に申し上げますが、面白いです。 
 読んでいただけるとほんまにうれしいです。 

セブンイレブン(推奨)
 ネットプリント予約番号 82305902
 A3 白黒 1枚 20円 
8月7日(水)23:59まで 

サークルKサンクス・ローソン 
ユーザー番号 M52AQPDMAT 
ファイル名 ぺんぎんぱんつ3
A3 白黒 1枚 20円 
8月8日(木)7:00まで

 短歌連作 
しんくわ「赤壁」 
森下理紗「叙情喪失」 
金尾釘男「おれ氏が家に帰るまでの顛末」(あとがきつき) 
田丸まひる「フルーチェのためのフルーチェ」

| 2013.08.02 Friday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ぺんぎんぱんつの紙。
ぺんぎんぱんつ!

「ぺんぎんぱんつの紙」というフリーペーパーを発行しました。

セブンイレブンネットプリントで、しんくわの短歌とエッセイ、脱力対談、まひるの短歌が読めます。

A3用紙2枚、かさばります。
ランチョンマットや焼き肉の下敷きにどうぞ。

予約番号:73096967です。

40円かかってごめんなさい。
でも、読んでいただけるとうれしいです。

3/24(日)までです。



ぺんぎんぱんつ
https://twitter.com/penginpantsu

しんくわ(第3回歌葉新人賞受賞。岡山の電柱もしくはペンギン)と、
田丸まひるによる兄妹設定短歌ユニット。
もさもさと活動したりしなかったり。

その昔、こんな同人誌も出していました。
http://replicaprince.easter.ne.jp/kasyu1.html


| 2013.03.20 Wednesday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 レベルアップ。

ポップコーン(食べ出したら止まらないもの)

人生のレベルがたぶん29になりました。
これはもう、甘党飲酒系女子から、
肉食女子へと華麗なる変貌を遂げてもいいのかもしれません。
・・・無理です。が、焼き肉には行きましょう。

先日20歳になったばかりの男子が、
お母さんに誕生日プレゼントを要求するのを見て、
「誕生日はお母さんに感謝する日なんよ!
 むしろお母さんにプレゼントせな!」と偉そうに言い放ったわたくしとしましては、
だれにも誕生日プレゼントのおねだりなんかいたしません。

ケーキはほしいって言ったけどさ。
化粧水と乳液はほしいって言ったけどさ。
でも、ほんとうにほしいのは、日本庭園だからさ。

というわけで、ここまで来られたことに感謝しています。
出会えてよかったと思うひとが、たくさんいます。

高校生の頃からの友達も、もう十年以上のつきあいです。
短歌を始めてから知り合った方々の中にも、十年のおつきあいの方もいます。
三國志関連で遊んでもらった皆様とは、十五年くらい?

ほんとうにありがとうございました。

少しは大人になったつもりですが、まだまだです。
アクセル全開です。

これからも、よろしくお願いいたします。

| 2012.04.22 Sunday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 どっちを向いても。
風邪をこじらせています。
咳から始まり、声が枯れ、今日は鼻をぐずぐず。
昨日の業務はいっぱいいっぱいで、申し訳なかったです。



前向きに生きろと言われてその「前」がどこにあるのか分からなかった  田丸まひる

この歌が「過去形」であることについて、細見晴一さんよりご指摘があり、考え込んだ。
この歌を詠んだのは、紺の鞄(キティの刺繍入り)にハイソックス、
帰り道を一緒に歩くことでさえ心臓がことこと鳴っていた女子高生の頃。
十年前!

参考作品群。
「プラスチック世代」
http://replicaprince.easter.ne.jp/tanka-1.html

「前向き」の「前」がどっちか。
この歌が過去形であることによって、
作中主体がもう「前」を知っているとも読めるし、
これは「前向きに生きろ」と言われた瞬間の歌で、
今もまだ分かっていないとも読めるのかもしれない。

さて、「前」はどこにあるのでしょうか。

作歌より十年経った現時点では、どこでもいいよ、と思っている。
「前」なんてどこにもないし、どこにでもある。

あなたが向いている方が前で、それでいいんだ。
ゆっくりゆっくり歩いて、ときどき休んで、それでいいんだ。

生き延びてくれているだけでいい。



雨宮まみ『女子をこじらせて』を、女子にこだわってしまう女子や、
そうでない女子や、やさしい男子の机に置きたい。

カバーイラストを見て、軽いエッセイなのかなと思って読み始めたのだけど、
「女子」としての生きづらさを、これでもかと抉るように吐き出され、圧倒される。
ここまで書いてくれるものなのね。

閉塞感。不自由感。
恋愛、セックス、女らしさ、人生のあり方。
そのすべての責任を、自分に求める必要なんか本当はないのに、
ひとの目を気にして、評価を気にして、どんどん卑屈になって、
自分で自分の前に壁を築いていると、絶対に破綻する。
そうやって破綻したひとたちをたくさん知っている。
わたしも自責傾向だ。あなたも。

「モテキ」の久保ミツロウ氏との対談も必読。



外大短歌第2号を拝受。
本日の愛唱歌。

前髪をぱつんと切って出かけたらどっちの空を見ても明るい  黒井いづみ

「どっちの空」もちゃんと明るくなるからね。


雨宮 まみ
¥ 1,575
(2011-12-05)
コメント:あのひととあのひとの机の上にそっと置いておきたい。

| 2012.01.07 Saturday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 前向き。
ずばっ。(挨拶

そんなに、がんばらなくていいよ。
「前向き」の前は、たぶん、あっちだ。あくまで、たぶん。



あけましておめでとうございます。
もう2012年だなんて信じられないわ。

気がつけばモーニング娘。のメンバーもどんどん卒業していき、
(わたしはデビュー前からたかみな推しです)AKB48は社会現象に。
(Q10が本当にcuteだったあっちゃんも好きよ、センターの緊張感)

皆様にとってよい一年になりますように。

あと、福山雅治が夢に出てきますように。
それから、松浦亜弥ファンクラブ限定ライブがDVD化されますように。
ついでに、わたしが日本庭園と結婚できますように。



もうお年玉なんかいらないっ。
と思っていたけれど、ありがたくいただきまして・・・

本日購入分。
本に関しての、散財は、得意です。


嶽本野ばら『乙女のトリビア』『遺言 a Will』『パッチワーク』
(第三次野ばらちゃんブーム到来。今回はエッセイ責め)

黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第6巻、『Vassalord. 』第3〜5巻
(第二次新撰組&血みどろヴァンパイアブーム?)

福井和子歌集『花虻』
(唐津いづみさんの日記を読んでときめいた)

雨宮まみ『女子をこじらせて』
(佐藤真由美さんの日記を読んでときめいた)

『わが告白』はまだ届かない。



前向きに生きろと言われてその「前」がどこにあるのか分からなかった  田丸まひる


| 2012.01.02 Monday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 さらってほしい。

ざばっ。(挨拶

本が色褪せてしまうのが忍びないので、
本棚のガラス戸の内側にカバーをしているのだけど、
気がつかないうちに(たぶん母の仕業)
そこに福山雅治さんのポスターが貼られていた。
わたしの本の代わりに微笑みながら色褪せていく福山さん。
色褪せていく福山雅治も、格好良し。

と思いつつ、本棚の整理をしようと思って、断念する。

今年購入した本も、もう数えられない。
少なくとも、Amazonで確認できる履歴からすると、
今年いちばんに注文していたのは、笹井宏之第二歌集『てんとろり』だった。



山田詠美の『ジェントルマン』(講談社)にやられてしまった。

劇画的に美しく優しく描かれた青年の、
皮いちまい奥の背徳に魅入られる青年の話。
(説明とかしたくない)

一気に読んでしまい、その後座り込んだまま、動けなくなった。

やさしいこいびとなんかと一緒にいるときにはおすすめしません。



今年は「美男(イケメン)ですね」の公式ガイドブックも買った。
『涼宮ハルヒの驚愕』も『姉の結婚』も買った。

CNBLUEの来年発売の新曲も予約した。
ヨンファが好きだ。

ふりふりひらひらのスカートも買った。
リボンとレースたっぷりのカットソーも買った。



小島なおの歌集『乱反射』を原作にした映画を観た。
歌集を映画にするという発想が面白い。
(「TANNKA 短歌」はどうなんだろう)

小型カメラを持って、ひとりの女子高生の後ろを、
ゆっくりついていったような映画。
夏休み、幼なじみのお兄ちゃん、自転車、花火。
これでもかと並べられるノスタルジー。

主人公の桐谷美玲ちゃんが、瀧で手を合わせたときの鼻筋が美しい。

噴水に乱反射する光あり性愛をまだ知らないわたし  小島なお



そんなこんなで大晦日です。
今年もみなさまに大変お世話になりました。

小さなしあわせ、大きなしあわせ、
心よりお祈りします。

来年もよろしくお願いします。

でも冬の嵐が生まれそうになる体だけでもさらってほしい  田丸まひる

| 2011.12.31 Saturday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
 今はただ。
カッターで自分を傷つけた女の子に、「痛いとすっきりする」と言われた。
今朝は4時まで、下腹部痛で眠れず、
鎮痛剤を飲むために起き上がることもできなかった。
痛いの、すっきりしない。

子どもほしいなと思う今日この頃です。
未婚ですが。



土岐友浩さんとのご縁で、短歌同人誌「町」を読む機会をいただく。
「町」には学生短歌会出身の6人の住民がいる。
(メンバーの名前だけでも、舐めたいくらい魅力的だ)
http://000machi000.blog42.fc2.com/

ゆっくりと読んでいます。
わたしのお気に入りは「町」3号。
http://000machi000.blog42.fc2.com/blog-entry-16.html

ぽんと置いてあるだけでも目立つ表紙デザイン。
住民が集まって、思い思いに描いたという町の絵。
まず見た目が好きで、長いこと鞄に入れて持ち歩いていた。

服部真里子さんの、正岡豊の連作評にときめく。
いちばん美味しい溶け具合のバニラアイスに、
冷静なスプーンを差し込んでいるような文章。

昨日、暗唱した歌。

きみのカーディガンはおったままで夢のように広い空き地を歩いていた日  平岡直子

このごろの風の話題で盛り上がる 人の話題で盛り上がる風  土岐友浩


土岐さんの漢字の盛り具合が好きだ。
それから、土岐さんの書く字と似た字を書く男の子を知っていて、
そういえば体の線が似ていたなあと思う。



足の指ゆっくりひらく今はただしあわせだって決めつけながら  田丸まひる




| 2011.12.29 Thursday | にきにき日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>